English  |  正體中文  |  简体中文  |  Items with full text/Total items : 25542/26136 (98%)
Visitors : 7326501      Online Users : 182
RC Version 7.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
Scope Tips:
  • please add "double quotation mark" for query phrases to get precise results
  • please goto advance search for comprehansive author search
  • Adv. Search
    HomeLoginUploadHelpAboutAdminister Goto mobile version


    Please use this identifier to cite or link to this item: http://ir.lib.ksu.edu.tw/handle/987654321/17637


    Title: 2010年台湾民法物権編「用益物権」の改正について
    『The amendment to「usufructuary right」of Taiwan's Civil Code Rights in Rem at 2011』
    Authors: 黃靖媛
    Date: 2011-08
    Issue Date: 2012-09-12
    Abstract: 用益物権は、他人の物の上に、物の使用と収益の権限を享有する制限物権である。台湾民法は、不動産用益方式において債権形態と物権形態の両者が併行して互いに協力し合う二元システムを採用している。用益物権には、法律関係が安定し、登記による公示で取引の安全が保障される、という優れた点もあるが、しかし実際の運用では、一貫して乏しい力を振り絞っているにもかかわらず、社会的機能は終始十分には実現できないできている。それゆえ、用益物権を活性化し物の価値を発揮させることによって、物の効用を最大限にすることと経営利用を永続していくこととが同時に重視される理想郷を目指すことは、台湾の島嶼型環境において生存のための不可避の挑戦となってきたのであり、今回の民法物権編改正議論の主軸ともなっていた。
    Relation: 法政理論, 44(1), 69-128
    Appears in Collections:[房地產開發與管理系所] 期刊論文

    Files in This Item:

    File Description SizeFormat
    2010年台湾民法物権編「用益物権」の改正について.pdf598KbAdobe PDF0View/Open


    All items in KSUIR are protected by copyright, with all rights reserved.


    本網站之所有圖文內容授權為崑山科技大學圖書資訊館所有,請勿任意轉載或擷取使用。
    ©Kun Shan University Library and Information Center
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - Feedback